wfc_top2_en

"To foster peace, one friend at a time."

World Friendship Center was founded by Barbara Reynolds on August 7th, 1965
(20 years after the Atomic Bombing of Hiroshima)
to provide a place where people from many nations can meet,
share their experiences and reflect on peace.

World Friendship Center has continued Barbara's vision of serving the Hiroshima community
and visitors to the city in a variety of ways.

wfc_infobox_about_en2

History &
Information

wfc_infobox_activities_en2

Activities held
at WFC

wfc_infobox_stay_en2

Programs
& Cost

wfc_infobox_testimonies_en2

A-Bomb Survivors'
Experiences

wfc_infobox_yuai_en2

WFC's Newsletter
Yu-Ai

wfc_infobox_access_en2

Map to
WFC

Nano (USA)

January 2020

This has been a most moving and profound day.

Thank you so much for the work you do and how much you rekindled me to use my art for peace.

Diego & Laury (Spain)

November 2019

WFC was an amazing experience to us.

A totally different way to experience history and to connect with another culture.

It let us discover such a beautiful place like Hiroshima (we will come back someday, for sure) and meeting these amazing people

– so strong and so warm.

To Roger and Kathy, we can only give you our big thanks!

You’re an amazing couple and gave us a really comfortable place to stay, making us feel like home.

Jessica (USA)

April 2018

Staying here definitely adds to the experience of visiting Hiroshima.

Dannie and Barb were a wealth of knowledge and eager to share and give you as much (or as little) additional information as you want. What an honor to have the opportunity to hear a hibakusha tell his story! Only regret is that I couldn’t spend more time.

So glad to support the mission of this place by staying! Thank you again!

Michaela & Felix (Czech Republic & Germany)

April 2018

Cannot express sufficiently how much this meant for us.

We’ll try to spread the message and hope that many will follow.

Thanks for the intense experience.  

Bethany (UK)

April 2018

We felt so welcomed and comfortable at the WFC.
An interesting and thought provoking stay, a unique chance to learn more about Japan’s past and hear personal stories.
Thank you for this wonderful experience.

Amilie (Germany)

March 2018

Thank you for our lovely stay here in WFC!
We were very moved and touched by the hibakusha story as well as the wonderful Peace Park tour.
Thank you for making such experiences possible!

Latest News

Tanimoto Peace Foundation Internship Scholarship

2020-03-04

The Tanimoto Peace Foundation, in partnership with the Hiroshima World Friendship Center, is offering an Internship Scholarship to up to three motivated individuals to come to Hiroshima for one month. The purpose of their study is to learn about, research about, participate in and write about one of the four pillars of the Tanimoto Peace Foundation: History, Peace Education, Art and Spirituality. The internship will take place from July 4 – August 1, 2020 in Hiroshima, JAPAN. Qualifications: The TPF Intern should be: 18 years old at the time of arrival in Hiroshima Interested in the history of Hiroshima and the atomic bomb Open-minded and adaptable to new situations Well-organized…

Yu-Ai December issue 2019 — WFC Reflection by Natalie Kuca

2020-01-09

Yu-ai Friendship Newsletter of the World Friendship Center, NPO WFC ReflectionNatalie Kuca(Translated by Mikiko Shimizu) At the end of May, one of the WFC board members, Tachibana-san invited me to visit a social welfare center in the area that had history with zainichi Koreans, which was one of my fields of interests in Japanese studies. Tachibana-san had worked in the day care at the center, and he was able to arrange for the director of the center to give us a tour of the facility and tell us about its history. By the end of the meeting, my interest was piqued and I offered to volunteer at the center once…

Yu-Ai December issue 2019 — Experiencing Hiroshima through the World Friendship Center by Yovana Milosevic

2019-12-04

Yu-ai Friendship Newsletter of the World Friendship Center, NPO Experiencing Hiroshima through the World Friendship CenterYovana Milosevic(Translated by Sumiko Kanetsuna) Briefly living in Hiroshima, Japan and staying at the World Friendship Center is easily the biggest blessing in my life.  I encountered an entirely different culture by living in it for a month and a half, and there were surprises waiting for me at every corner.  I was able to participate in daily discussions involving peace, compassion, kindness, and debates on current world issues.  I attended numerous lectures on not only Hiroshima’s history specifically, but also about how it has been represented in the media over time, what the current…

Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons

3 days ago

The Last Cherry Blossom | Kathleen Burkinshaw #ssl53 ... See MoreSee Less

1 week ago

いつも皆様よりWFCへのあたたかいご支援を賜り、大変ありがとうございます。感謝申しあげます。

WFCでは、4月19日から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、閉館し、行事、活動を停止してきました。広島県の緊急事態宣言解除に伴い、英会話クラスを再開しましたが、感染防止ためのガイドラインを設け、追加対策を講じ、他の活動についても7月1日より順次再開いたします。

皆さまのご理解とご協力を、どうぞよろしくお願い申しあげます。また、急遽、開催が中止される場合もありますので、ご了承ください。

-----------------------------------------------------------------------------

**「WFCにおける新型コロナウイルス感染防止対策」**

マスクを着用してください。

検温を実施します。

消毒をお願いします。

三つの密を避けます。

感染が拡大したら活動を停止します。

-----------------------------------------------------------------------------

感染防止ためのガイドライン:

**1.マスク**

会話中を含めマスクの着用をお願いします。スピーカー(被爆証言者、講師等)が、長時間話すために、マスク着用が困難な場合は、聴衆との間のソーシャルディスタンスを通常より広く取ってください(三密の回避参照)。

**2.検温**

スタッフ(館長を含む)、すべての来館者の検温を実施します。37度以上又は本人の平熱より5分以上高い場合は、入館できません。また、体調の悪い方は、来館を控えてください。

**3.消毒**

母屋の玄関、英会話クラスに、アルコール消毒液を用意しますので、来館、退館の際は、使用してください。

館内の会合、英会話クラス終了後、テーブル、椅子、ドアノブ等、アルコール消毒を実施します。

**4.トイレ**

母屋、英会話ルームのトイレのタオルは、当面撤去し、ペーパータオルを備えますので、使用してください。各自、ご自分のハンドタオル、ハンカチを持参されることも助かります。

**5.三密の回避**

**密閉**

玄関、窓を常時開けて、換気を行います。酷暑期、酷寒期はエアコンを使用しますが、同様の換気を行います。

**密集・密接**

すべての活動において、ソーシャルディスタンス(2m)を取ることをお願いします。座る場合は、横並び、又ははす向かいに座ってください。

会話中もマスクを着用してください。

**6.軽食**

複数人が集う英会話クラス、会合、活動中に軽食を取ることは避けてください。

**7.活動停止**

広島において急激な感染拡大の傾向がみられる場合、県からの営業休業要請、外出自粛要請が出された場合、全国的な感染拡大の第2波、第3波が発生した場合、活動を停止することがあります。

いつも皆様よりWFCへのあたたかいご支援を賜り、大変ありがとうございます。感謝申しあげます。

WFCでは、4月19日から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、閉館し、行事、活動を停止してきました。広島県の緊急事態宣言解除に伴い、英会話クラスを再開しましたが、感染防止ためのガイドラインを設け、追加対策を講じ、他の活動についても7月1日より順次再開いたします。

皆さまのご理解とご協力を、どうぞよろしくお願い申しあげます。また、急遽、開催が中止される場合もありますので、ご了承ください。

-----------------------------------------------------------------------------

**「WFCにおける新型コロナウイルス感染防止対策」**

マスクを着用してください。

検温を実施します。

消毒をお願いします。

三つの密を避けます。

感染が拡大したら活動を停止します。

-----------------------------------------------------------------------------

感染防止ためのガイドライン:

**1.マスク**

会話中を含めマスクの着用をお願いします。スピーカー(被爆証言者、講師等)が、長時間話すために、マスク着用が困難な場合は、聴衆との間のソーシャルディスタンスを通常より広く取ってください(三密の回避参照)。

**2.検温**

スタッフ(館長を含む)、すべての来館者の検温を実施します。37度以上又は本人の平熱より5分以上高い場合は、入館できません。また、体調の悪い方は、来館を控えてください。

**3.消毒**

母屋の玄関、英会話クラスに、アルコール消毒液を用意しますので、来館、退館の際は、使用してください。

館内の会合、英会話クラス終了後、テーブル、椅子、ドアノブ等、アルコール消毒を実施します。

**4.トイレ**

母屋、英会話ルームのトイレのタオルは、当面撤去し、ペーパータオルを備えますので、使用してください。各自、ご自分のハンドタオル、ハンカチを持参されることも助かります。

**5.三密の回避**

**密閉**

玄関、窓を常時開けて、換気を行います。酷暑期、酷寒期はエアコンを使用しますが、同様の換気を行います。

**密集・密接**

すべての活動において、ソーシャルディスタンス(2m)を取ることをお願いします。座る場合は、横並び、又ははす向かいに座ってください。

会話中もマスクを着用してください。

**6.軽食**

複数人が集う英会話クラス、会合、活動中に軽食を取ることは避けてください。

**7.活動停止**

広島において急激な感染拡大の傾向がみられる場合、県からの営業休業要請、外出自粛要請が出された場合、全国的な感染拡大の第2波、第3波が発生した場合、活動を停止することがあります。
... See MoreSee Less

3 weeks ago

m.facebook.com/story.php?story_fbid=3037128116323761&id=100000798062408 ... See MoreSee Less

Comment on Facebook 78192317804_10157292771927805

Thank you for all you and your theatre organization are doing to spread the word about the threat of nuclear arms and war in your world.