wfc_topx2

「一期一会が平和を築く」

ワールド・フレンドシップ・センターは1965年8月7日(広島に原爆が落とされてから20年後)に、
アメリカ人のクエーカー教徒で平和活動家のバーバラ・レイノルズによって設立されました。
ここであらゆる国の人々が出会い、
経験を分かち合い、
平和について語り合うようにとの思いからです。
ワールド・フレンドシップ・センターは、バーバラの意志を受け継ぎ、

広島の人々とこの地にやって来る人々に、次のようなさまざまな活動を提供しています。

Hiroshimaをつ・た・え・る基礎講座

Hiroshima が体験したことを自分の言葉で伝えられるよう共に学ぶ12回講座です。
お知らせや講座の様子などはこちらからどうぞ

wfc_infobox_about2

WFCの歴史と
基本情報

wfc_infobox_activities2

WFCで行なわれている
活動

wfc_infobox_programs2

被爆証言
平和公園の碑めぐりなど

wfc_infobox_testimonies2

被爆者の方々の体験記
被爆証言動画

wfc_infobox_yuai2

WFCの
機関紙

wfc_infobox_access2

WFCへの
地図

基礎講座を開催しました

07/27/2020

7月25日(土)、新型コロナウイルスの影響で5か月ぶりに、WFC Hiroshima を つ・た・え・る 基礎講座を開催しました。はじめてのオンライン講座でした。発表者は、中澤晶子さん、山根美智子さん、茂津目恵さん、立花志瑞雄。テーマは、「空白の学籍簿」のその後 基礎講座の講師渡辺茂美さんが、地元の放送局中国放送で、1978年製作された「空白の学籍簿」“翠町中学校生徒会の被爆調査を追う”に触発され、プロジェクトを立ち上げ、10人のメンバーが一年以上をかけて、学んでいった内容を発表させていただきました。翠町中学校の平和学習・慰霊祭、被爆調査に関わられた松井久治先生、満蒙開拓青少年義勇軍について、…

7月1日より順次活動再開

07/02/2020

いつも皆様よりWFCへのあたたかいご支援を賜り、大変ありがとうございます。感謝申しあげます。 WFCでは、4月19日から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、閉館し、行事、活動を停止してきました。広島県の緊急事態宣言解除に伴い、英会話クラスを再開しましたが、感染防止ためのガイドラインを設け、追加対策を講じ、他の活動についても7月1日より順次再開いたします。 皆さまのご理解とご協力を、どうぞよろしくお願い申しあげます。また、急遽、開催が中止される場合もありますので、ご了承ください。COVID-19感染防止対策 PDFダウンロード ————&#82…

新型コロナウイルスの影響によるアメリカPAX2020延期のお知らせ

05/18/2020

本年、9月17日~10月6日までの予定で、準備を進めておりました、アメリカとの平和使節交換プログラム アメリカPAX2020を新型コロナウイルスの影響により、一年延期することといたしました。   日本に於いては、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため出されていた各県の緊急事態宣言が解除されてきていますが、第二波、第三波の流行も懸念されています。この度、受け入れ側のワールド・フレンドシップ・センターアメリカ委員会、各地のコーディネーターのみなさんとオンラインで会議をもち、現地の様子をお伺いし、話し合った結果、残念ですが、アメリカへの平和使節の派遣を見送ることといたしました。 皆さま方には、参…

「ヒロシマ・ナガサキの願い、平和の思いを伝えるアメリカへの旅」参加者募集

03/19/2020

NPO法人ワールド・フレンドシップ・センター(以下WFC)では、2020年度アメリカへの平和使節団の派遣を実施します。この平和使節交換プログラムはPAX(Peace Ambassador Exchange program)と呼ばれています。PAXはWFCの創立者バーバラ・レイノルズ(1915〜1990)が、1962年、64年に行った世界平和巡礼の遺志を引き継ぎ、原爆被害、核兵器廃絶、世界平和を訴えるために、使節団を派遣するプログラムです。 ========================= 派遣期間:9月17日(木)~10月6日(火)20日間 派遣先:アメリカ西部、オレゴン州マックミンヴィル地…

新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてWFCからのお願い

03/03/2020

WFCの皆様いつも皆様よりWFCへのあたたかいご支援を賜り、大変ありがとうございます。感謝申しあげます。 さて、先月末より、新型コロナウイルスの影響により、いくつかのWFC行事の中止または延期をお知らせしておりますが、英会話クラス等につきましては、当面、以下の対策をご参加の皆様にお願いした上で、実施していく予定でございます。皆さまのご理解とご協力を、どうぞよろしくお願い申しあげます。また、急遽、開催が中止される場合もありますので、ご了承ください。 「WFCにおける新型コロナウイルス感染拡大防止対策」 体調の悪い方、発熱のある方は、WFCへの来館を控えてください。 来館の際(会合や英語クラスなど…

Visit Us on Facebook

Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons

This message is only visible to site admins
Problem displaying Facebook posts. Backup cache in use.

Error: Error validating access token: The session has been invalidated because the user changed their password or Facebook has changed the session for security reasons.
Type: OAuthException

Join us on Facebook

4 weeks ago

vimeo.com/ondemand/theotherhiroshima

[The other Hiroshima [English subtitles] ●Documentary Film The other Hiroshima Korean A-bomb Victims Tell Their Story ●English subtitles JAPAN / 1986 / 16mm / 58 min 
[4K digital remaster version] English subtitles will be released for the first time. [#Vimeo](twitter.com/hashtag/Vimeo?src=hashtag_click) On Demand●Living in a slum damaged by the atomic bomb and watching elderly first-generation zainichi hibakusha (atomic bomb survivors) pass away one after another, Pak felt compelled to break their silence with this documentary, her first. Using up all her savings and going into debt, she collected these testimonials from zainichi North and South Koreans living in Hiroshima and South Korean hibakusha visiting Japan for medical treatment. Although medical treatment for South Korean hibakusha began only in 1980, it was suspended in 1986, thus galvanizing support for this film.
... See MoreSee Less

Video image

Comment on Facebook

4 weeks ago

'No more Hiroshima, No more Nagasaki, No more Nuclear Weapon, No more war'

Please watch the documentary on our theatre troupe Swapnadal’s (Bangladesh) memorable Japan Theatre-tour 2018 with Hiroshima-Nagasaki tragedy based anti-war theatre production ‘Tringsha Shatabdee’ (Festival/Tokyo 2018) and ‘Helen Keller’ (Bangladesh Embassy, Japan)...

... See MoreSee Less

Video image

Comment on Facebook

namo~なも~南無

4 weeks ago

10月24日(土)、WFC Hiroshima を つ・た・え・る 基礎講座をオンラインで開催しました。
講師は、渡辺茂美さん、松井久治さん。テーマは、「空白の学籍簿」-40年ぶりの再会 先生と取材者- 
7月の基礎講座でお話をお聞きできなかった渡辺さん、松井さんにWFCに来ていただきました。
1978年「空白の学籍簿」“翠町中学校生徒会の被爆調査を追う”を製作された渡辺茂美さん。その作品のテーマである翠町中学校の平和学習・慰霊祭、被爆調査に関わられた松井久治先生。
40年ぶりに再会されたお二人から、子どもたちから教えられたと語る渡辺さん、教育は理想を目指すものという松井さん、心に残るお話をお聞きしました。
WFC Hiroshima Pass On Project online lecture was held on October 24, 2020. The speaker was Mr. Shigeyoshi Watanabe and Mr. Hisaharu Matsui. In the lecture, there was a dialogue between Watanabe and Matsui, and we were able to hear a very interesting story.
... See MoreSee Less

10月24日(土)、WFC Hiroshima を つ・た・え・る 基礎講座をオンラインで開催しました。
講師は、渡辺茂美さん、松井久治さん。テーマは、「空白の学籍簿」-40年ぶりの再会 先生と取材者- 
7月の基礎講座でお話をお聞きできなかった渡辺さん、松井さんにWFCに来ていただきました。
1978年「空白の学籍簿」“翠町中学校生徒会の被爆調査を追う”を製作された渡辺茂美さん。その作品のテーマである翠町中学校の平和学習・慰霊祭、被爆調査に関わられた松井久治先生。
40年ぶりに再会されたお二人から、子どもたちから教えられたと語る渡辺さん、教育は理想を目指すものという松井さん、心に残るお話をお聞きしました。
WFC Hiroshima Pass On Project online lecture was held on October 24, 2020. The speaker was Mr. Shigeyoshi Watanabe and Mr. Hisaharu Matsui. In the lecture, there was a dialogue between Watanabe and Matsui, and we were able to hear a very interesting story.

4 weeks ago

Yes we did it 50 countries joined to ban nukes!
l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Ffbclid%3DIwAR22CIo4WwIBjcn-eq24Wn7...]-R&c[0]=AT1MYGewQhQWLCZivTy64shYBDk4ruKI-RPXnXFcbwrdztp1-4qjiZ_oes1MR_Ygvz2nMyNxsz_QymJeJ1TdjNTtcgzuSlay6XNoBTI9l1waL2r4vfV6sPBOCVlys_giU7yrrUEQ03fdKNTtTjqk6W8KT-EtjRPjtcn_zvuuTy6CXosmjQ
... See MoreSee Less

Video image

Comment on Facebook

May Peace from Hiroshima Japan

Wonderful

4 weeks ago

#核禁おめでとう 12時間テレビ
朝9時から夜9時
youtu.be/PAZ_gZiBMtg
#YesICAN
... See MoreSee Less

Comment on Facebook

May Peace from Hiroshima Japan 

1 month ago

【2020年オンラインスピーキングツアー】

今年の登壇者のプロフィール、三人目をご紹介します。
■■□―――――――――――――――□■■

【二日目の二人目の登壇者 ー ギャレット・レッピンヘイゲン】
�ベトナム退役軍人の父、母方父方両方の祖父が第二次世界大戦退役軍人というギャレット・レッピンヘイゲンは、騎兵/偵察狙撃手としてアメリカ陸軍に従軍し、コソボでの平和維持活動と、イラクのスンニ・トライアングル*と呼ばれる地域での戦闘任務を完了しました。��(*スンニ・トライアングル:イラクの首都バグダッドと、その西方のラマディ、北部ティクリートを結ぶ三角地帯で、フセイン前大統領支持派、反米武装勢力の拠点)
�2005年に退役後、退役軍人の声を届ける熱心な活動家として活動を開始し、様々な退役軍人組織で重要な役を歴任しました:
�IVAW(戦争に反対するイラク退役軍人)の理事会会長、ワシントンDCのロビイスト、ノーベル賞を受賞した「ベテランズ・フォー・アメリカ」の広報担当副部長、ベテランズ・グリーン・ジョブズのプログラム・ディレクター、ベト・ボイス基金のロッキー山脈地区のディレクター。�
彼はコロラド州に在住し、現在VFPの事務局長を務めています。
�■■□―――――――――――――――□■■

ギャレットの話は、2009年に発行された「冬の兵士」https://www.iwanami.co.jp/book/b262670.html�の第7章 「GIレジスタンスの将来」のところで、ギャレット・「レパンヘーガン」という名前で紹介されています。彼の「冬の兵士」での発表は、非常に強烈なインパクトを残しました。�
★その時の映像がこれです:�https://www.youtube.com/watch?v=STVarrk91Mo&ab_channel=Federaljacktube
■■□―――――――――――――――□■■

【お申し込み方法】
 無料オンラインイベントに個人で参加なさる方は、下記URL(Peatix)にてお申し込み下さい。先着順。定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

 ★ 公式URL: vfpspeakingtour2020jp.peatix.com
 ★ 参加申し込みはこちらからもどうぞ: 
        https://forms.gle/po4u6y4uhq9ahUmw9

 ★ 両日参加をご希望の方は、お手数ですがそれぞれのチケットをお申し込み下さい。

 ※ オンライン参加でお申し込み下さった方には、11月13日にズームのリンクをメールにてご連絡致します。

 ※  FBイベントページの「参加」を押しただけでは申し込みになりませんのでご注意下さい。
... See MoreSee Less

1 month ago

新しい申し込み方法もできて、手続きが一層簡単になりました:https://forms.gle/po4u6y4uhq9ahUmw9【2020年オンラインスピーキングツアー】

今年の登壇者のプロフィール、二人目をご紹介します。

■■□―――――――――――――――□■■
【二日目の登壇者 ー ダニエル(ダン)・シェイ】

日本時間で、11月15日(日)の午前10時から始まる二日目、登壇が二人います。そのうちの一人が、元VFP本部の理事、ダン・シェイです。

アーティスト・写真家でもあるダンは、現在オレゴン州ポートランドにあるVFP第72支部の支部長です。ベトナム戦争当時、彼は海兵隊員でした。海兵隊予備軍・砲兵隊に入隊し、ベトナムに戦闘員として派遣され、その後、フィリピンで海外派遣を終えました。ダンは枯葉剤のサバイバーです。長男のケーシーは、枯葉剤の影響で多くの先天性異常を持って生まれ、たった3歳で短い一生を終えました。

彼は2016年から2018年の3年間、VFP本部の理事も努めました。
2006年から2018年まで毎月放映されたケーブルテレビ番組・VFPフォーラムも主催しました。

彼は、昨年来日したスーザン・シュノールと同じように、ベトナム枯葉剤救済・責任キャンペーン、ベトナム完全開示キャンペーンを含む多くのVFPナショナルプロジェクトに関わっています。SOVA( 退役軍人の健康管理民営化阻止)キャンペーンの VFP作業委員会の委員としてベトナム代表団に2回参加しました。

日本・韓国の米軍基地問題にも関心が深く、2015年12月にVFP代表団の一人として、チャック・シアシーらと共に、済州島に派遣され、その後レイチェル・クラークらと共に沖縄で合流し、全部で10名のVFPの代表団として、地元の米軍基地建設反対運動に参加しました。
★ゲート前スピーチ(最初の二人がチャックとダン):
https://rb.gy/szv4q7
2019年3月には、VFPのジェリー・コンドンらと共に、 COSI-ベネズエラ(国際連帯平和闘争委員会)の招待で、ベネズエラへ派遣されました。
■■□―――――――――――――――□■■
みなさん、米国のBLM運動の件は日本のニュースでもかなり報道されました。特に、ポートランドでは、デモに参加した一般市民に対して、州兵が導入されて催涙ガスを用いたり、暴力を振るうなど、激しい対立が続いています。2年前に来日したマイクおじさんも、このデモに参加して報道写真を豆に公表しています。VFPのポートランド支部長、ダンに直接質問できるチャンスをお見逃しなく!

■■□―――――――――――――――□■■
【お申し込み方法】
 オンラインイベントに個人で参加なさる方は、下記URL(Peatix)にてお申し込み下さい。先着順。定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
 ★ 公式URL: vfpspeakingtour2020jp.peatix.com
 ★ 両日参加をご希望の方は、お手数ですがそれぞれのチケットをお申し込み下さい。
 ※ オンライン参加でお申し込み下さった方には、11月13日にズームのリンクをメールにてご連絡致します。
 ※  FBイベントページの「参加」を押しただけでは申し込みになりませんのでご注意下さい。
... See MoreSee Less

新しい申し込み方法もできて、手続きが一層簡単になりました:https://forms.gle/po4u6y4uhq9ahUmw9

1 month ago

【2020年オンラインスピーキングツアー】

これから少しずつ、今年の登壇者のプロフィールをご紹介します。これまでのツアーでは、入国審査を終えるまで公表しなかった内容ですが、今年はオンラインで行いますので、どんどん公表を始めます。

■■□―――――――――――――――□■■
   
【初日の登壇者 ー チャック・シアシー】

日本時間で、11月14日(土)の午前10時から始まる今年のオンラインスピーキングツアー の登壇者、トップバッターは、VFPベトナム支部長のチャック・シアシーです。

VFPベトナムチャプターの現支部長であるチャックは、1995年以来、ずっと在ベトナム米国退役軍人組織の数々を代表し、平和と和解を促進することに努めてきました。

1966年に遡って、若き日のチャックは陸軍に入隊し、1967-68年にサイゴンで、1969年にヨーロッパの米軍基地で情報アナリストをしていました。もちろんベトナム語はペラペラです。当時の彼は、極秘情報に常に触れていたわけです。

戦後はジョージア州アテネで週刊新聞を発行し、ワシントンでは、カーター政権と上院で働きました。その後、アトランタの専門弁護士協会を6年間指揮し、1995年に3年契約でベトナムに移りました。 約25年後の今もなお、継続的な負の遺産(戦争、枯葉剤、不発弾)に対処しています。チャックはベトナムで外国人に贈られる最高の栄誉、国家友好勲章を授与されました。

■■□―――――――――――――――□■■

青春時代の全てから現在に至るまで、ずっとベトナムと関わっているチャックから、この戦争の全貌を聞いて下さい。歴史の教科書に記載はあってもそこまで触れない・終わらない「ベトナム戦争」ってどんな戦争だったのでしょうか? 

ベテランズたちの多くは、「ベトナム戦争を学ぶと、米国の手口がよくわかる」と言います。現在の日本や国際情勢と重なる部分を、チャックの話の中に見つかるでしょうか?

チャックは多くのメディアで何度もインタビューを受けていますので、ユーチューブで彼の名前を英語で検索すると、沢山の映像が出てきます。短いもののリンクを一つご参考に貼り付けます:https://youtu.be/sO_vhk_DiRY 

■■□―――――――――――――――□■■
【お申し込み方法】

 オンラインイベントに個人で参加なさる方は、下記URL(Peatix)にてお申し込み下さい。先着順。定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
 ★ 公式URL: vfpspeakingtour2020jp.peatix.com
 ★ 両日参加をご希望の方は、お手数ですがそれぞれのチケットをお申し込み下さい。
 ※ オンライン参加でお申し込み下さった方には、11月13日にズームのリンクをメールにてご連絡致します。
 ※  FBイベントページの「参加」を押しただけでは申し込みになりませんのでご注意下さい。
... See MoreSee Less

1 month ago

【ドキュメンタリー映画】『もうひとつのヒロシマ−アリランのうた』監督朴壽南(パク・スナム)
1986年/ドキュメンタリー/58分/日本/16mm
日本の植民地支配によって広島、長崎では7万人をのぼる朝鮮人が、原爆被爆を余儀なくされました。
『もうひとつのヒロシマ−アリランのうた』は、在日朝鮮人二世の朴スナム監督が、1965年から広島に住み込み、日本社会の過酷な差別の中で放置されている朝鮮人被爆者たちの証言を集めた記録映画です。知らされていない在日、在韓被爆者の訴えは衝撃を呼び当時全国300ヶ所で自主上映されました。そのネガ・フィルムが今年デジタル化され蘇りました。ぜひオンライン、DVDを共有してください(韓国語版、英語版もあります)
4Kデジタル版オンライン初公開
vimeo.com/ondemand/ariran

DVD
arirang.shopselect.net/items/33044005
... See MoreSee Less

Video image

Comment on Facebook

2 months ago

昨日の平和記念公園。 

修学旅行生が来てくれてますね。

被爆アオギリも、久しぶりに子ども達に囲まれて、嬉しそうです。
... See MoreSee Less

昨日の平和記念公園。 

修学旅行生が来てくれてますね。

被爆アオギリも、久しぶりに子ども達に囲まれて、嬉しそうです。Image attachment

Comment on Facebook

9月を過ぎて、修学旅行生の団体を見かける様に成りました。次世代へこの大きな課題が引き継がれる事を願っております。南無 

2 months ago

メンバーが、612人はすごいですね。 ... See MoreSee Less

Comment on Facebook

May Peace ~namo

2 months ago

🌺拙著のご案内🌺
「沖縄戦に動員された朝鮮人ー軍人軍属を中心にー」
沖本富貴子/編著
アジェンダ・プロジェクト/発行
agenda@tc4.so-net.ne.jp
TEL&Fax 075-822-5035
1200円(税込み)

沖縄戦に動員された朝鮮人については、これまで部分的に明らかになってきていましたが、ではその全体像は、ということになると中々見えませんでした。

そんな中、本土で朝鮮人強制連行の研究をなさっている竹内康人さんが、戦時の名簿を基に、沖縄に配備された32軍の中の朝鮮人軍人軍属数と犠牲者数を明らかにしていることを知りました。

この事がきっかけになって、私の資料や史料、証言集めがはじまりました。

ようやくこうした調査・研究に一区切りがつきましたので、この程一冊にまとめました。
幸いアジェンダ・プロジェクトさんが発行してくださることになり、担当の谷野さんにはたいへんお世話になりました。

動員から帰還まで、また戦場での朝鮮人の過酷な様子など、全体像をそれなりに示すことができたと思います。

ご関心のある方は、ご一報下さい。
agenda@tc4.so-net.ne.jp
... See MoreSee Less