wfc_topx2

「一期一会が平和を築く」

ワールド・フレンドシップ・センターは1965年8月7日(広島に原爆が落とされてから20年後)に、
アメリカ人のクエーカー教徒で平和活動家のバーバラ・レイノルズによって設立されました。
ここであらゆる国の人々が出会い、
経験を分かち合い、
平和について語り合うようにとの思いからです。
ワールド・フレンドシップ・センターは、バーバラの意志を受け継ぎ、

広島の人々とこの地にやって来る人々に、次のようなさまざまな活動を提供しています。

Hiroshimaをつ・た・え・る基礎講座

Hiroshima が体験したことを自分の言葉で伝えられるよう共に学ぶ12回講座です。
お知らせや講座の様子などはこちらからどうぞ

第2期の申し込みの受け付けは、定員に達したため、締め切りました

wfc_infobox_about2

WFCの歴史と
基本情報

wfc_infobox_activities2

WFCで行なわれている
活動

wfc_infobox_programs2

被爆証言
平和公園の碑めぐりなど

wfc_infobox_testimonies2

被爆者の方々の体験記
被爆証言動画

wfc_infobox_yuai2

WFCの
機関紙

wfc_infobox_access2

WFCへの
地図

11月のフレンドシップ・アフタヌーン
お休みのお知らせ

11/16/2017

11月のフレンドシップ・アフタヌーンは、都合によりお休みします。

なお、12月16日(土)の午後にクリスマス会を開催する予定です。

多くの皆さまのご参加をお待ちいたします。

詳細はまたご案内いたします。

「Hiroshimaをつ・た・え・る基礎講座」
第2回講座を開催しました

10/31/2017

2017年10月28日、第2回講座を開催しました。

講師は、元広島平和記念資料館館長の畑口實さん。

講座の最初に、原爆投下に至った経緯を簡単に説明されました。

次に、「被爆の実相」について話して下さいました。

胎内被爆者として、現在はWFCのゲストのために被爆証言をしていただいていますが、資料館館長に就任されるまでは、被爆者健康手帳を見るのも嫌だったという事実など、物理的・科学的な原爆被害ではなく、人々に与える心理的影響、被爆者の内面に焦点を当てた被爆の実相について、聞かせていただきました。

それから、資料館館長時代のエピソードなども話して下さいました。

10月のフレンドシップ・アフタヌーンのお知らせ

10/12/2017

ダニー館長によるイランの話

日 時:2017年10月28日(土)午後1時30分から午後3時30分まで

参加費:500円 (学生:無料)

場 所:ワールド・フレンドシップ・センター 居間

ダニー・オットーWFC館長は、2016年11月イランの研修旅行についてスライドでプレゼンテーションを行います。旅行中、彼は政府の指導者、宗教指導者、大学の教育者、学生、そして街で多くの人々に会いました。イランの文化、宗教、歴史、イランの人々が直面している現在の課題と今後の可能性について話します。話の後で 質疑応答の時間があります。

 

参加される方はお手数ですが、10月25日(木)までにセンターにメールでお申し込み願います。試食会はありません。英語の上達もかねて楽しい土曜日のひと時を一緒にすごしませんか。お誘い合わせの上、たくさんのご参加お待ちしています。