wfc_topx2

「一期一会が平和を築く」

ワールド・フレンドシップ・センターは1965年8月7日(広島に原爆が落とされてから20年後)に、
アメリカ人のクエーカー教徒で平和活動家のバーバラ・レイノルズによって設立されました。
ここであらゆる国の人々が出会い、
経験を分かち合い、
平和について語り合うようにとの思いからです。
ワールド・フレンドシップ・センターは、バーバラの意志を受け継ぎ、

広島の人々とこの地にやって来る人々に、次のようなさまざまな活動を提供しています。

Hiroshimaをつ・た・え・る基礎講座

Hiroshima が体験したことを自分の言葉で伝えられるよう共に学ぶ12回講座です。
お知らせや講座の様子などはこちらからどうぞ
※こちらの基礎講座は定員に達しましたので、申し込みは締め切らせていただきました。

wfc_infobox_about2

WFCの歴史と
基本情報

wfc_infobox_activities2

WFCで行なわれている
活動

wfc_infobox_programs2

被爆証言
平和公園の碑めぐりなど

wfc_infobox_testimonies2

被爆者の方々の
体験記

wfc_infobox_yuai2

WFCの
機関紙

wfc_infobox_access2

WFCへの
地図

WFCからのお知らせ

「Hiroshimaをつ・た・え・る基礎講座」
第4回講座を開催しました。

12/12/2017

2017年12月9日(土)第4回講座を開催しました。

講師の多賀俊介さんは元高校教師で、現在は数多くの市民団体に所属し、原爆・戦争遺跡等のフィールドワークなど色々な活動に取り組まれています。

「日本と戦争の関わりから学ぶー軍都廣島から考えてみる」と題して約1時間半、お話をしていただきました。

まず、自己紹介を兼ねてという事で、呉市で生まれ育ったご自身のお話からお父様やご家族との関わりを通して、戦争について考え、次に、広島市の歴史、そして軍都廣島とアジア諸国との関わりを通して、戦争について考える、というようにとても分かり易くお話をして下さいました。

最後に、「加害・被害の歴史事実を謙虚に深く学び、何が大切か何をすべきかを考えていきたい、人間としての共感を共有することを求めて誠実・率直に話し合い、共に行動していきたい。」

と結ばれました。

2017年WFCクリスマス会のご案内

12/09/2017

日時: 1216日(土)

午後1時から午後3

場所:WFC

参加費:無料

プレゼント交換はありません。

 

プログラム:

ピース・クワイア、信ちゃんショー、クイズ、靴屋のマルチンの動画鑑賞、キャンドル・サービスなど

ご参加お待ちしています!!

 

World Friendship Center

TEL 082-503-3191

Email worldfriendshipcenter@gmail.com

フェニックス号プロジェクト

12/09/2017

20171215日(金)

時間:午後2時から午後4

場所:WFC

内容:Phoenix of Hiroshima

講演者:ヘレン・ジャカード

通訳:レイチェル・クラーク(英語から日本語)

 

バーバラとアールが世界一周の航海に使ったフェニックス号がまだカリフォルニアのサクラメント川に沈んでいます。それを引き上げ修復して、すでに修復が終わって反核の航海をしているゴールデン・ルール号と一緒にマーシャル諸島を回って広島に寄港するプロジェクトがあります。

 

ヘレンさんがビデオとパワーポイントを使ってそのプロジェクトの話をされます。

たくさんのご参加お待ちしています。

「Hiroshimaを つ・た・え・る基礎講座」
第3回講座を開催しました

11/28/2017

2017年11月25日(土)、第3回講座を開催しました。

講師の岡田恵美子さんは、いつものご自身の被爆体験に加えて、バーバラ・レイノルズさんとの出会いについてもお話をして下さいました。海外での色々な体験談もお話し下さいました。

参加者の皆さんは、身近な出来事として受取っておられたようです。今の平和な日本の有難さを身にしみて感じた、という感想も寄せられました。

Visit Us on Facebook

4 days ago

Barbara Shenk

Please come to WFC on Friday, December 15, at 2:00pm to hear about “The Phoenix of Hiroshima,” the boat that became a voice for a world at peace and free from nuclear weapons and power. ... See MoreSee Less

Please come to WFC on Friday, December 15, at 2:00pm to hear about “The Phoenix of Hiroshima,” the boat that became a voice for a world at peace and free from nuclear weapons and power.

Comment on Facebook

Beautiful, please let me share this.

Of course! Please share it!

6 days ago

Barbara Shenk

Nobel Peace Prize awarded to iCAN, received by Beatrice Fihn and Hiroshima hibakusha Setsuko Thurlow. We watched the ceremony and wonderful speeches live with friends at Hachidorisha. WFC is a member organization of iCAN. ... See MoreSee Less

Nobel Peace Prize awarded to iCAN, received by Beatrice Fihn and Hiroshima hibakusha Setsuko Thurlow.  We watched the ceremony and wonderful speeches live with friends at Hachidorisha.  WFC is a member organization of iCAN.

Comment on Facebook

I saw this on TV. I also saw Dannie and you in a news program.

"The Phoenix of Hiroshima" will be presented by Helen Jaccard at The World Friendship Center on Friday, December 15 at 2:00pm.

Please join us for this film and PowerPoint presentation about the boat that became a voice for peace and against nuclear weapons and power. The same presentation will be repeated at the Hachidorisha Social Book Cafe the next day.

ヘレンさんに聞く 「アメリカ発!核なき世界を目指す旅路」12月 16, 2017, 7:00pmSocial Book Cafe ハチドリ舎■■□―――――――――――――――――□■■
 ヘレンさんに聞く
 「アメリカ発!核なき世界を目指す旅路」
■■□―――――――――――――――――□■■
※以下URLからお申し込みください。
goo.gl/n59tJ6

広島で建造された船、
フェニックス・オブ・ヒロシマ号を知っていますか。

1958年、アメリカ人 4 名がゴールデン・ルール号に乗り、
マーシャル諸島でのアメリカの水爆実験に対し海上反対運動を行いました。
このゴールデン・ルール号のクルーたちとつながり、同じくヨットによる反核運動を行ったのが、「フェニックス・オブ・ヒロシマ号」です。

水底にあったゴールデン・ルール号は
ベテランズ・フォー・ピースによって2015 年に救出、再建され、
再び平和の舟として航海に出ています。
そして2020年、このゴールデン・ルール号が再び
核廃絶、世界平和を訴え出帆、日本を目指します。

同じく水底にある「フェニックス・オブ・ヒロシマ号」を
蘇らせることはできないかと奮闘する、
ベテランズ・フォー・ピースのヘレン・ジャッカードさん。

ヘレンさんに、プロジェクトについて、
そして核廃絶に取り組むその想いについて、聞いてみましょう。

<講師プロフィール>
ヘレン・ジャッカードさん

化学工学で学位を取得後、コンピュータープログラマー、そしてトレーナーとして働き、2010年に定年退職。
2006年にベテランズ・フォー・ピース(1985 年にアメリカで設立された平和を求める元軍人の団体)に入会し、核軍縮、環境問題を担当。現在「ゴールデン・ルールプロジェクト」の責任者を務める。
フリーランス作家、婦人国際平和自由連盟の軍縮/停戦委員会のリーダーシップメンバーでもあり、ゴールデンルール号プロジェクトについて、米国西海岸ですでに50回以上の講演を行っている。

————イベント詳細————
 ヘレン・ジャッカードさんに聞く
 「核なき世界を目指す
  フェニックス・オブ・ヒロシマの旅」

【日時】
 12/16(土) 19:00〜21:00(18:30受付開始)

【会場】
 Social Book Cafe ハチドリ舎

【住所】
 〒730-0854
  広島市中区土橋町2-43 光花ビル2F

【参加費】
 1000円(ドリンク代込み)

【定員】
 20人

【申し込み方法】
 以下URLからお申し込みください。
 https://goo.gl/n59tJ6

【主催】
 Social Book Cafe ハチドリ舎

【お問い合わせ】
 TEL:082-576-4368
mail:hachidorisha@gmail.com
————————————————————
... See MoreSee Less

ヘレンさんに聞く 「アメリカ発!核なき世界を目指す旅路」

5 days ago

Shizuo Tachibana

12月9日(土)、第4回の WFC Hiroshima を つ・た・え・る 基礎講座が開かれました。講師は多賀俊介さん(廣島・ヒロシマ・広島を歩いて考える会代表)。日本と戦争の関わりから学ぶ—軍都廣島から考えてみる-と題してお話しいただきました。原爆投下に至るまでの日本と戦争に関わる話。知らなかったことも多くありました。戦争を知らない世代は戦争について語ることなどできないという考え方もあるでしょうが、親へその親の世代へとさかのぼっていけば戦争と無縁ではないという視点を教えていただいた貴重な講座となりました。
The fourth WFC Hiroshima Pass On Project lecture was held on December 9, 2017. The speaker was Mr. Shunsuke Taga. The participants heard how Japan related war before the A-bombing and why the A-bomb was dropped on Hiroshima.
... See MoreSee Less

12月9日(土)、第4回の WFC Hiroshima を つ・た・え・る 基礎講座が開かれました。講師は多賀俊介さん(廣島・ヒロシマ・広島を歩いて考える会代表)。日本と戦争の関わりから学ぶ—軍都廣島から考えてみる-と題してお話しいただきました。原爆投下に至るまでの日本と戦争に関わる話。知らなかったことも多くありました。戦争を知らない世代は戦争について語ることなどできないという考え方もあるでしょうが、親へその親の世代へとさかのぼっていけば戦争と無縁ではないという視点を教えていただいた貴重な講座となりました。
The fourth WFC Hiroshima Pass On Project lecture was held on December 9, 2017. The speaker was Mr. Shunsuke Taga. The participants heard how Japan related war before the A-bombing and why the A-bomb was dropped on Hiroshima.